経営理念

新しいライフスタイルの創造で人々を幸せに

法人は、何のために存在するのか。

それは、社会に貢献するためである。というのは普遍的な解だと思う。
では、「社会に貢献する」という言葉の意味をどう解釈するのか。それは、法人によって異なる。
私達の解釈は、「人々の幸せに貢献すること」。これが「社会に貢献すること」だと考える。

では、どうやって人々の幸せに貢献するのか。
この部分こそが、法人のアイデンティティであり、法人の存在理由でもある。
私達は、「新しいライフスタイルの創造」を通じて、人々の幸せに貢献したいと思う。

「新しいライフスタイルの創造」とは何か。

減りつつあるリアルの場の「お茶の間」をクラウド上に再現し、距離と時間を超えて家族がコミュニケーションできる場を創る。
それも「新しいライフスタイルの創造」だと思う。

クラウド上の「お茶の間」で、3世代一緒に取り組める新しい教育のカタチを創る。
それも「新しいライフスタイルの創造」だと思う。

医療従事者や家族の存在を感じながら、家族一緒に健康に向き合える場を創る。
それも「新しいライフスタイルの創造」だと思う。

家族のコミュニケーションを変革し、教育や健康等さまざまな領域で、これまでなかった新しいライフスタイルを創造する。
そのことで、人々の幸せに貢献する。

それがウェルスタイル社の存在理由。

このページのトップへ